がんこもんインタビュ-

第29弾(2011年6月)


一平飯店

谷内雅功さん


1、自己紹介とお店の紹介

1968年12月に、父と母が千石町通り商店街において開業しました。

私が店に出始めたのが、2005年の5月からです。

「安くて、ボリュームがあって、旨い」をモットーに営業しております。

 

ラーメンが好きで、富山をはじめ、

東京、神奈川、大阪、岐阜、長野、新潟、石川に食べ歩きに行きました。

今後も気になるお店があれば行きたいと思います。

2、千石町通り商店街の魅力、特徴、長所

人間として、職人として、尊敬できる「がんこもん」達の商店街だと思います。

情熱のある、熱い人達ばかりで、お祭りやイベントや飲み会など、

皆でワイワイやってる時が楽しいですね。


3、お店をやっていく上でのこだわりについて


お店に出て、商売に関わるようになってから、

「おかげさま」ということを強く感じるようになりました。

自分があるのは、色々な人の支えのおかげだと、気付かせていただきました。

常に感謝の気持ちを忘れずにいたいと思います。

 

人間として、職人として、成長できるように、

「日々精進」を心掛けて、一日一日、この道を精しく進んでいきたいと思います。